Top > IT > Software > ChromeCautionAboutProfile
Last-modified: Mon, 14 Mar 2016 02:25:47 JST
Counter:12235 Today:2 Yesterday:0 Online:4
このエントリーをはてなブックマークに追加

(注意) 記事を引っ越しました

Chromeブラウザ起動時に発生するプロフィールに関する警告

About

Chrome起動時に次のような警告文が表示されるようになりました。「プロフィールを開くことができませんでした。一部の機能をご利用いただけない可能性があります。プロフィールが存在し、そのコンテンツへの読み書きが許可されていることを確認してください。」

0.png

原因と解決

原因

残念なことに原因は分かっていません。OSの不具合で正常にシャットダウンされなかったことが原因かもしれませんが定かではありませんし、OS側の不具合ももしかしたらChromeが影響しているかもしれないからです。

解決

保存されているChromeのデータを削除して再起動するなどすれば、警告文は表示されなくなります。したがってChromeの同期機能を利用してデータを一度Googleダッシュボードに保存し、Chromeをアンインストールして再度インストール、その後データの同期をとって状態を復元するのが最も確実な方法だと思われます。

個別にデータを削除することも考えられます。データは「ユーザ/対象のユーザ/AppData/Local/Google/Chrome/UserData」に保存されています。なお"AppData"は隠しフォルダです。フォルダ内にある"Default"フォルダを削除すると現在の表示データや最近の同期されていない履歴データなどが消失しますが、問題を解決することがあるようです。いずれにせよデータのバックアップを取って検証する必要があるので十分に注意が必要です。確実なのは先に紹介したように同期をとって再インストールする方法だと思います。