Top > IT > Windows > WindowsReturnFromSleepMode
Last-modified: Mon, 14 Mar 2016 09:00:20 JST
Counter:8209 Today:1 Yesterday:0 Online:7
このエントリーをはてなブックマークに追加

(注意) 記事を引っ越しました

スリープモードが勝手に解除される問題

About

Windows7 以降のバージョンで Windows がスリープモードから自動で復帰してしまう問題について解説します。スリープモードにした直後に復帰してしまう場合には、特定のデバイスが原因となっている可能性があるので、次の記事を参照してください。「Windows が勝手にスリープから復帰する問題

関連する情報

システムのイベントログで次のように表示されているとき、ここで解説している方法で問題を解決することができる可能性があります。

スリープ状態の解除元: タイマー - Windows は、スリープ状態の解除を要求したスケジュールされたタスク 'NT TASK\Microsoft\Windows\TaskScheduler\Regular Maintenance' を実行します。

原因 : スケジュールされたタスク

特定の時間にスリープモードが解除されたり、スリープモードの解除時に特定のソフトウェアが起動しているとき、"スケジュールされたタスク"を原因とする問題である可能性があります。つまり、特定の条件・特定のタイミングで、スリープモードを解除するように設定されている可能性があります。

問題の解決

[コントロールパネル > 管理ツール > タスクスケジューラ] からスケジュールされたタスクを確認します。まず確認するべきなのは、左のタブから [タスク スケジューラ(ローカル) > タスク スケジューラ ライブラリ > Microsoft > Windows > TaskScheduler] の項目です。

[TaskScheduler] を開くと中央にいくつかの"タスク"が表示されます。タスクの項目 [Regular Maintenance] を開きます。[条件] のタブを開いて、[タスクを実行するためにスリープを解除する] にチェックが入っていないかを確認します。

チェックが入っていて、例えば [トリガー] の項目が [毎日3:00] などに設定されている場合、そのタスクは毎日3:00にスリープを解除して自動的に実行されます。夜中にスリープモードで終了して、3:00になる度にPCが起動して目を覚ます、などの問題はこれによって生じます。

問題を解決するためには [タスクを実行するためにスリープを解除する] のチェックを外します。[条件] タブに表示されているコントロールからは設定が変更できないので、[Regular Maintenance] を右クリックして、開いたメニューから [プロパティ] を選択します。開いたプロパティウィンドウから、同じく [条件] タブを開き、[タスクを実行するためにスリープを解除する] のチェックを外します。このとき、[次の間アイドル状態の場合のみタスクを開始する]の項目に1分以上の値を設定するように促されます。とりあえず1分を設定しておけば良いでしょう。

ここでは一般的な原因と思われる [Regular Maintenance] について解説しましたが、異なるほかのアプリケーション(インストールしたソフトウェア)が原因である場合には、そのアプリケーションを探して、スリープモードを自動で解除しないように設定する必要があります。