Top > Kinect > KinectForWindowsSDK > Basics > StartUp > InstallMSKinectSDK
Last-modified: Fri, 20 Sep 2013 12:45:23 HADT
Counter:16915 Today:2 Yesterday:0 Online:2
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kinect for Windows SDK 1.8 のインストール

About

ここでは KinectSDK1.8 のダウンロードとインストールについて解説します。元々前のバージョン 1.7 が入っていたことを前提にしていますが、新規にインストールする場合も同様の手順を踏んでいるであろうことから別途の解説はしません。また β から 1.0 へ移行する際に必要となっていた、旧バージョン(ここではβ)のアンインストール作業などは不要になっています。

過去のバージョン

ダウンロード

公式ページから、最新の SDK(ここでは1.8) と Kinect for Windows Developer Toolkit v1.8 をダウンロードしてください。ダウンロードHPは頻繁に更新されるため、ここでは HP からのダウンロードについては解説しません。Toolkit については、SDK のインストール後にダウンロード先が提示されるので、その時にダウンロードする方法でも良いです。

SDKのインストール

0.png

先に SDK のインストールを行います。「使用許諾契約に同意します」にチェックを入れ、「インストール」を実行します。

1.png

セットアップ中の画面へ。SDKβ から SDK 1.0 へ移行する際に生じていた、旧バージョンのアンインストール作業は、1.0 → 1.5 以降から生じなくなりました。もし SDKβ をインストールしている場合には、まず SDKβ のアンインストールを行う必要があります。

2.png

セットアップの完了画面へ。ここでは既に Toolkit をダウンロードしているので、「DeveloperToolkitをダウンロードする」は実行せずに、「閉じる」を実行します。ダウンロードしていなければここからダウンロードしても良いです。実行するとブラウザが立ち上がります。

ToolKitのインストール

3.png

SDK 1.5 以前では ToolKit は英語表記のみ対応していましたが、1.6 からは日本語に対応しています。基本的なインストール作業は SDK のそれと同様です。まず「使用許諾契約に同意します」にチェックを入れ、「インストール」を実行します。

4.png

処理中の画面。特に中断されることなく実行されるはずです。

5.png

インストール終了の画面。特にエラー等が無ければ開発のための用意は全て完了したことになります。「閉じる」を実行して全ての作業を終えます。