Top > Kinect > KinectForWindowsSDK > Tips > JointTypeValue
Last-modified: Sun, 17 Nov 2013 12:40:15 JST
Counter:5554 Today:6 Yesterday:2 Online:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

JointType の値とその確認

JointType は Kinect から各関節のデータを引き出す際に利用する列挙体だが、int の値が振られているので出力して確認する。出力した結果と対応関係は下の画像の通り。出力方法は項目「サンプルプログラム」を参照されたい。腰を中心にするあたり、ゲームなどで良く用いられるCGモデルと同じ構造である。

JointTypeと各部位の対応

0.png

SDKβと比較して「[20]count」が無くなっていることに注意する。

サンプルプログラム

 特にサンプルプログラムを用意する必要性を感じなかったのでこの項目ではソースコードだけ。

            foreach (JointType jointType in Enum.GetValues(typeof(JointType)))
            {
                Console.WriteLine("["+(int)jointType+"] " + jointType.ToString());
            }

Result

[0] HipCenter
[1] Spine
[2] ShoulderCenter
[3] Head
[4] ShoulderLeft
[5] ElbowLeft
[6] WristLeft
[7] HandLeft
[8] ShoulderRight
[9] ElbowRight
[10] WristRight
[11] HandRight
[12] HipLeft
[13] KneeLeft
[14] AnkleLeft
[15] FootLeft
[16] HipRight
[17] KneeRight
[18] AnkleRight
[19] FootRight