Top > Others > Guitar > NailCoating
Last-modified: Fri, 08 Feb 2013 19:43:30 JST
Counter:1935 Today:1 Yesterday:3 Online:7
このエントリーをはてなブックマークに追加

爪の塗装による強化

About

 爪の強化についてのメモ書き。すぐ割れてしまいます。強化方法については多くのページが存在するでしょうから、それ以外のことを重点的にメモします。私はギターをはじめとする音楽全般に積極的で明るい人間ではありませんし、強化方法について精通しているわけでもありません。また化学薬品やその他の関連する技術に精通する人間でもありません。ただ安全にしかも安価で楽しめることを目的として情報を収集しています。したがってこれらに掲載される情報は参考程度に留めることが重要です。

【注意1】このページおよび関連するページに掲載される情報を実践することで健康を害する可能性があります。また個人差があることも考慮する必要があります。内容に十分注意して自己責任の下で判断し、行動してください。著者は生じたトラブルに関する一切の責任を負いかねます。

【注意2】一部の内容について、情報源や参照先があることを述べているにもかかわらず、そのURLや参照先を掲載しない場合があります。これは特定の製品について言及している個人運営のサイトへの配慮する等のためになされる対応であり、意図してその著作を無視するものではありません。また関連する情報は更新される可能性があります。

その他の強化方法

良くある爪の強化方法の一覧

Name利点-1欠点-1
スカルプチャ比較的安価である施工時に臭いがする
グラスネイル多くのユーザがいる比較的高価である
ジェリスト不明不明
カルジェル不明不明
アロンアルファ安価で手軽に扱える安全性に不安が残る

グラスネイルやスカルプチャ

 利用したことはありませんが、アコースティックギターを演奏される方の多くがご存知かと思います。グラスネイルやスカルプチャ。結構お値段張ります。しかしながら安心や実績を買ってるものと見ればトータルコストで安くなる、というのが私見です。ここでアロンアルファについて言及していますが、予算があるならしっかりした製品を買うべきです。しかしながらやっぱりお値段するわけです。入門キット等ありますが、一式そろえれば大体7000円前後、機材や専用硬化剤で速乾しようとおもうともう少しかかります。でもやっぱり安心と実績を買っているとみれば他の手段を選ぶよりは安く済むような気がします。

マニキュアのトップコートは基本的に使えない

 マニキュアのトップコートが使えそうな気がしますが、硬度がなく、またわずかに弾性があるためギター演奏を目的とした爪の補強には利用できません。一方で爪の強化に利用される他の様々な手法と比較して剥がしやすいため、日常的に爪が欠損することを目的として軽く補強する、程度には利用することができると思います。特に爪の薄い人は"あるなし"の差が大きいでしょう。かといって割れにくくなるかと言われればそうではないので、保護目的で利用する場合も爪のあつかいには注意しておく必要があります。

爪の強化について良くまとめられているWebの資料