Last-modified: Fri, 11 Oct 2013 21:10:40 JST
Counter:2338 Today:1 Yesterday:3 Online:1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Tempalte & Styleの入門

About

WPFではUIの外観を容易に変更(装飾)することができますが、込み入ったデザインをしたい場合はControlTemplateやStyleといった仕組みを理解する必要があります。しかしながらMicrosoft公式やその他多くのサンプルは応用的なものが多く、複雑で理解しにくいです。そこで、ここでは次の9つのサンプルを使って、ControlTemplateやStyleをつかった、最もシンプルな装飾方法について解説します。

内容については、ソースコード、ここではXAMLの変化を徐々に眺めながら確認できるようにしています。各項目では、重要な点、サンプルごとに変更された点についてのみ言及しています。また基本的なコントロールの扱い方、例えばButtonやTextBlock、StackPanelの機能、BackgroundプロパティやForegroundプロパティといった基本的なパラメータ設定については解説しません。これらが理解できない場合は、さらに簡単なWPFとUIデザインの入門資料を参照するようにしてください。

  • &ref(): File not found: "WpfApplication1_ButtonTemplate.zip" at page "Programming/.NetFramework/WPF/ControlTemplateAndStyle/Introduction";
    • VisualStduio2012
    • WPF/C#
0.png