Last-modified: Sun, 21 Oct 2012 01:37:58 HADT
Counter:873 Today:1 Yesterday:1 Online:4
このエントリーをはてなブックマークに追加

Paths

About

 出力先やコンパイラのパスを設定します。基本的には出力先のみ設定すれば良いハズです。

  • 重要な項目
    • OutputPath

Properties

  • HtmlHelp1xCompilerPath
    • About : 「HtmlHelp1」のコンパイラ(HHC.EXE)のパスを設定する項目。
    • Value : 初期値「空値」。基本的には初期設定のままで良いハズです。
  • HtmlHelp2xCompilerPath「HtmlHelp2」のコンパイラ(HXCOMP.EXE)のパスを設定する項目。
    • About : コンパイラの
    • Value : 初期値「空値」。基本的には初期設定のままで良いハズです。
  • OutputPath
    • About : 出力先を設定する項目。
    • Value : 初期値「.\Help\」。任意の出力先を設定することができます。
  • SandcastlePath
    • About : 「Sandcastle」のパスを設定する項目。
    • Value : 初期値「空値」。Sandcatleコンポーネントまでのパスを設定します。基本的には初期設定のままで良いハズです。ビルダが自身のパスを設定できない場合にのみ設定する必要がある?。
  • WorkingPath
    • About : ビルドに利用するディレクトリの設定。
    • Value : 初期値「空値」。ドキュメントのビルド時に利用される中間ファイルを配置するディレクトリのパスを設定します。値を設定しない場合は、出力フォルダ内に「Working」ディレクトリが生成され、そこで中間ファイルが生成されます。基本的には初期設定のままで良いハズです。※指定したディレクトリ内にある全てのファイルとディレクトリは警告なしにビルドの実行時に削除されます。