Top > Programming > OpenCL > JpnReference > clReleaseCommandQueue
Last-modified: Wed, 11 Sep 2013 09:24:38 JST
Counter:1085 Today:1 Yesterday:1 Online:14
このエントリーをはてなブックマークに追加

clReleaseCommandQueue

About

コマンドキューの参照数をデクリメントします。コマンドキューの参照数が 0 になり、コマンドキューの全ての命令が実行されたとき(カーネルの実行、メモリオブジェクトの更新など)、コマンドキューは削除されます。clReleaseCommandQueue はコマンドキューに含まれる OpenCL コマンドの暗黙的なフラッシュを実行します。

C/C++

cl_int clReleaseCommandQueue(cl_command_queue command_queue)

C#

int clReleaseCommandQueue(IntPtr command_queue);

Args

  • command_queue
    • 解放するコマンドキューを指定します。

Return

実行に成功したとき、CL_SUCCESSを返します。それ以外のとき、次のうち1つのエラーを返します。

  • CL_INVALID_COMMAND_QUEUE
    • command_queue に無効な値が指定されたとき。
  • CL_OUT_OF_RESOURCES
    • デバイス上でリソースの確保、割り当てに失敗したとき。
  • CL_OUT_OF_HOST_MEMORY
    • ホスト上でリソースの確保、割り当てに失敗したとき。